育毛剤にも違いがある!「医薬品」と「医薬部外品」の違いは?

年齢を重ねるとともに薄毛や抜け毛が気になってきたと言う人は多いと思います。薄毛や抜け毛は放っておいて治るものではないので、気が付いたらすぐに対策を始めることが大切です。対策の中でも重要なのが育毛剤選びです。育毛剤には医薬品と医薬部外品がありますが、その違いは何なのでしょうか。
医薬品は医師の処方により管理される薬で、病気の治療や改善に効果が認められているものです。処方箋が必要であったり、薬局でしか買えないなど、販売にも制限があります。これに対して医薬部外品は医薬品よりも効果が緩慢であるけれども、症状に対して改善効果がもたらされるというものです。薬と化粧品の間に位置付けされるものだというと分かりやすいと思います。ドラッグストアやネットショップなどの身近なところで簡単に入手できるものです。
育毛剤人気商品の場合は、はっきりと薄毛や抜け毛の治療のために作られた医薬品として認定されているものはごく少数で、ほとんどが医薬部外品にあたります。よく売られている育毛剤は、効果があると認められる成分は入っているけれども、それを使ったことで確かな効果があるとは保障できないというものです。あくまでも間接的に頭皮や細胞に働きかけるもので、直接的な効果があるというものではありません。治療と言うよりは予防をしたい人、副作用が気になる人におすすめです。治すことに専念したい人は、医薬品が向いているので、手に取る際には違いに気を付けるようにしましょう。